このホームページは、北海道美深町出身者の交流の活動情報です。
 
東京美深会のホームページ
東京美深会について
東京美深会の役員
東京美深会も年間行事
東京美深会の入会のご案内
東京美深会の最新情報
東京美深会へのお問合わせ
レインボービレッジと花火


【TOPICS】

東京美深会第28回総会

28回総会

10月22日・東京美深会第28回総会が市ヶ谷の私学会館で開催され高橋会長・山口美深町長・北海道ふるさと会連合会高橋副会長の挨拶のあと定期総会に入り第8代会長に鳥羽博之を選任致しました。会員相互の親睦・交流・情報の交換と美深町への郷土愛そして参加啓発を次年度の目標に掲げたいと決意を述べた。副会長に野口佳一氏・監事に山北孝重氏が選ばれました。終了後山内理事が全員の記念撮影を行い2次会に向かいました。
来賓17名・出席50名



山口町長


市村先生


高橋会長

第24回東京美深会総会

第24回東京美深会総会

第24回東京美深会総会は、ふるさと会伊野会長札幌美深会高須賀会長、町議会倉兼議長他15名の来賓を招き私学会館で10月20日行われました。
※役員の改選が行われ、
【会長】元木昭秀
【副会長】佐藤悦啓(総務・広報)、中里早苗(事務局長)新任、桑原良一、
大方みや子、高橋忠二(新任)。
【理事】山内活良(写真担当)田村茂、野口圭一、鳥羽博之、五十嵐トシ子、
奥村幸子、八反田浩。
【監事】八反田覚、山北孝重氏が承認されました。

山口町長
山口町長

第25周年記念に向けて、事業計画案が決まりました。ふるさと納税制度啓蒙美深町支援、美深町ハーブ園支援事業、第25周年記念会報発行、札幌美深会との交流、北海道ふるさと会連合会行事への参加、美深町ふるさと訪問ツアーによる情報交換会、囲碁サークル美石会・懇親会、役員情報交換懇親会、バーベーキュウ―大会、北海道産直フェアー、その他が承認されました。
※懇親会。美深町地域おこし協力隊市村匡史先生の報告やシンガー財満光子さんの「平和への願い」などの素晴らしい歌唱力に堪能いたしました。

財満光子
残満光子さん


第6代会長に元木昭秀氏
新会長元木明秀第22回東京美深会記念総会で第6代東京美深会会長に元木昭秀氏と副会長桑原良一、大方みや子、佐藤悦啓。理事に中里早苗(事務局長兼任)高橋忠二、田村茂、野口佳一、鳥羽博之、山内活良、五十嵐トシ子、奥村幸子、監事に八反田覚、山北孝重が再選されました。



東京美深会創立22周年記念総会
22回総会

 10月23日アルカデア市谷で第22回美深会総会が開催されました。
美深町より山口信夫町長はじめ総勢22名、森隆信ふるさと連合会副会長、岩田公雄読売テレビ特別解説委員、市村匡史東京農大教授外31名の来賓を迎え盛大に開催されました。新会長に元木昭秀氏、副会長桑原良一、大方みや子、佐藤悦啓。理事に中里早苗(事務局長兼任)高橋忠二、田村茂、野口佳一、鳥羽博之、山内活良、五十嵐トシ子、奥村幸子、監事に八反田覚、山北孝重が再選されました。
 総会終了後懇親会で再会の喜びと健闘をたたえあいました。二次会2階のスリーゼでが行われ約60名が定刻ぎりぎりまで話題がとぎれず別れを惜しみながら解散。



ふるさと連合会へエール

鳥羽会長

 ふるさと連合会へ未加入市町村の入会が増えつつある事、大変嬉しいことであり、役員皆様のご尽力の賜であり、益々の発展を心よりお慶び申し上げます。
美深町は道央の旭川より北の端、稚内までのほぼ中間地点にある小さな田舎町です。天塩山脈と北見山脈に挟まれて町の中央に天塩川が流れているとても静かな町です。
昨年(平成二十年)環境省より「平成の名水百選」に認定を受けました(仁宇布)。町の産業と云っても特別ありませんが、久しくふるさとに帰ると町全体が迎えてくれるように思われます。
連合会の皆様、この小さな道北の田舎町「美深」をよろしくお願いいたします。

東京美深会第5代会長 鳥羽  馨



 

東京美深会創立20周年記念総会

 第20回記念総会会長挨拶 

東京美深会会長 塩倉 高義

 東京美深会の皆様、そしてふるさと美深町からおい出での皆様、美深町開拓110年・東京美深会20周年記念総会、誠におめでとうございます。
 本日はご多忙の中、山口美深町長、北海道ふるさと会連合会・楢木会長をはじめ、多くのご来賓の方々、そして美深町からも多数の方々が、この記念総会の為に、遠路、おこし戴き、私達 東京美深会会員一同、心より感謝申し上げます。

 美深町開拓・110年の時に、東京美深会、発足20年を迎える事が出来ました。
岩木前美深町長と共に、設立を決意された荒関・初代会長、秩序ある規範を築かれた澤井二代会長、将来を見通し更に発展させた塩倉三代会長を始め多くの先輩の方々のご指導により、東京美深会は楽しい事業運営を推進させて頂いております。
これも偏に関係する方々、そしてふるさと美深町の皆様のご支援とご協力に依るものと心から厚く御礼を申し上げます。
また私達は、美深会定例の事業に加え、北海道ふるさと会連合会の主要な活動にも積極的に参画させて頂いております。

 昨年、山崎實相談役を中心に美深会の皆様もお手伝いして、繊維の町である八王子市の芸術文化会館・いちようホールで開催された、佐藤道子会長が主催す「呼布の会・着物リホームショウー」は、観る人々に感動を与え、呼布の会の人々の心強さと繊細な感性が、今かく地域で話題となり新たな広がりを見せております。
さる9月3日・4日には、美深町にて開拓110年記念の一環として、ふるさと交流会に札幌美深会と共に参加、なつかしい町民の皆様、そして町を代表する各界の方々と交流をさせて頂き、収穫・感謝祭まで一貫して、私共への心温まるお心配りには、生涯忘れる事はできません。心より御礼申し上げます。有難う御座いました。

 私達は 、短期間の美深町の滞在でしたが、厳しさを増す行・財政環境の中で、山口美深町長の勇気ある行政運営は、至る所で、町民の方々から喜びと希望に満ちた、活気ある町へと、変革の兆しが感じとれ、嬉しさがこみあげてまいりました。
今日は十亀副会長が代表として参列して頂きました。天塩川漢方の里の皆様と、地域の有志の方々に、ご苦労をお掛けしておる「美深ハーブ園」も、見事なまでの手入れと 、芳醇な香り、そして珍しい赤ソバの花が、真紅の茎に咲き乱れ、道北の新名所として旅人の眼を引き付けておりました。

 私達が生まれ育ち、また、えにし深き美深町より頂いた、語り尽くせ大恩を、万分の一でもお役に立たせていただこうと、私達は心に決めております。
近年は特に、殺伐とした世相が、刹那的な行動を駆り立て、人間関係を断ち切る、痛ましい事件の報道の日々が続いております。東京美深会は、常に愉しい出会いと、お互いに勇気の励ましを心がけてまいりました。
創立20周年を新たな節目として、良い伝統は語り継ぎ、変革する時の流れを読み、友好の絆を強固なものとして、更に楽しい愉快な、東京美深会を皆で築いてまいりましよう。

 この場をおかりして、長年おせわになっているエア・ドウ・北海道国際航空、サッポロビール様をはじめ、協賛企業・団体と、北海道ふるさと会連合会、近隣ふるさと会の皆様。そして、これまで会の運営にご尽力いただいた役員の皆様、並びに、ご支援頂いた会員の皆様に心より厚く感謝を申し上げます。ありがとうございました。
この記念総会には、山口美深町長、北海道ふるさと会連合 楢木会長をはじめ、読売テレビ報道局解説委員長 岩田・公雄氏、胡蝶の棲家で第3回感動ノンフィクション大賞に選ばれました吉川千鶴さん等、多くの方々のご出席を頂いております。
今日はお時間の許すかぎり、会員の皆様とご歓談をして頂き、それが明日への良き前進の機会となれば幸いでございます。

 今頃、ふるさとの町 美深では、真っ白な雪に覆われ木枯らしが吹きすさむ中で暖かいストーブを囲んで夏の疲れを皆様が癒されておられる事でしょう。
ふるさとの町 美深町の更なる発展と、美深町の皆様、そして今日ここに東京美深会 第20回 記念総会にご出席の皆様の、ご健康とご長寿と、益々のご活躍をご祈念し挨拶と致します。

東京美深会第4代会長  鈴木 武昌


■創立20周年記念式典 功労者9氏に感謝状
 11月22日東京オペラシテーイ54階東天紅で101名(来賓28名)が結集し、 会場の窓外は晴天で、富士山がくっきりと眺められ、創立20周年記念式典が行なわれ、発足より20年間の中で、亡くなられた物故者への黙祷に始まり、鈴木武昌会長 の挨拶、山口信夫美深町長、楢木秀雄連合会会長の祝辞に続き、設立者、岩木前町長、荒関初代会長の挨拶後、岩木実前町長、荒関哲雄、澤井廣之、塩倉高義前会長、山崎實、田村二郎相談役、市村匡史東京農業大学教授、天塩川漢方の里、中里早苗事務局担当副会長に、感謝状と記念品が鈴木武昌会長より贈呈され、澤井廣之元会長より愛唱歌、「夢を忘れない」作曲者故島田敬穂氏を偲ぶ話があり記念式典を終了いたしました。
                    
■第20回定期総会 第5代会長に鳥羽馨氏        
桑原良一議長・元木昭秀副議長により第20回定期総会が開催され、蝦名武明副会長より事業報告、中里早苗事務局担当副会長より決算報告、八反田覚監事より監査報告があり全て了承され、審議事項に入り、鳥羽馨副会長より20年度事業計画案と20年度予算案の説明があり、何れも全員に了承されました。続いて蝦名武明役員選考委員会委員長より役員改選の説明が行なわれ、会長・副会長・理事の提案があり、満場一致で原案通り承認されました。東京美深会第5代鳥羽馨新会長より新任の役員紹介がなされ総会を終了した。 

■懇 親 会  
読売TV報道局解説委員長岩田公雄氏が挨拶藤守千代子美深町議会議長の乾杯で始まり、日本オリンピック専門委員エアリアル・コーチ松井陽子さんが紹介され、読売TV報道局解説委員長、岩田公雄氏・小説胡蝶の棲家で第3回ノンフイクション大賞の作家吉川千鶴氏の挨拶の後、横田夢さんの手話フアンタージーがあり楽しみながら懇談に入り、AIRDO賞・鈴木会長賞・サッポロビール賞・美深町賞の抽選会があり、互いの健康と旧知の話題などに花が咲き話は尽きず、愛唱歌、夢を忘れない等を皆で謡い、長田幸江理事の閉会の辞で53階へ場所を移動し、全員で記念写真の撮影を行い、二次会を地下1階の酒場「ハブ」に会場を移し散開を惜しんだ。



 

第5代会長に鳥羽馨氏
第20回東京美深会記念総会で第5代東京美深会会長に鳥羽馨氏と副会長5氏理事1名が選出されました。総会で新任された役員を紹介いたします。

<第20回総会で選出された新役員>            
東京美深会 第5代会長羽 馨                   
副会長奈良繁男 
副会長桑原良一
 
副会長大方みや子
副会長元木昭秀 
副会長佐藤悦啓 
理  事高橋 忠二

 

 
H20年度事業計画
1、創立20年記念総会・懇親会
2、ふるさと納税制度啓蒙美深町支援
3、東京美深会会報発行
4、北海道ふるさと会連合会行事へ参加
5、訪問ツアーふるさと情報交換会
6、札幌美深会との交流
7、東京名寄会、東京下川会他近隣市町村ふるさと会との交流
8、サッポロビール納涼大会(7月)
9、囲碁サークル美石会八重洲囲碁いづみジャパン(7月・11月)
10、ホームページによる広報
11、東京湾納涼船による海上納涼会
12、連合会春期旅行参加
13、北海道フェアー(北海道観光PRコーナー参加)
14、美深町ハーブ園支援事業
15、連合会運営協議会定期講演会参加
16、ジョーペテイ絵画展後援その他




 

このHPの掲載記事及び写真など無断使用を禁止いたします。